脂臭い、オヤジ臭い、頭皮のにおいが全身から・・

中年男性がいたところはにおいですぐわかる
・・たばこと混ざった脂っぽいにおい

部屋を通り過ぎただけでもすぐに気づいてしまう。本人以外は・・

3日洗っていない頭皮のようなにおいがぷーんと

加齢臭の原因と消臭方法

でも安心を。

加齢臭のにおいの原因と発生の方法はわかっていて、においは緩和できます。

加齢臭のにおいの原因成分は「ノネナール」という物質
皮脂が酸化したまさに酸化した脂の臭いです。

どうやってノネナールは発生するのか

ノネナールのもとは食事で取った脂です。
食べた脂分は分解されます。
そして体表面のいたるところにある皮脂腺で脂肪酸と結合し酸化します。

こうしてノネナールは発生します。
皮脂腺の多いところ、とりわけ、頭皮、背中、胸などが強くにおうことになります。

加齢臭に効果的な対策はあるのか

根本的には、脂少なめの食事とノネナールを発生させるストレスを軽減することが大切なのですが、なかなかこれは大変なことです。

簡単に出てしまった加齢臭を消すには、
皮膚についているノネナールを落とす
衣服に染みこんでいるノネナールを落とす
という方法が考えられます。

皮膚についているノネナールを落としてくれるのが、加齢臭石鹸
普通の石鹸では落ちません。

柿渋石鹸などのように、ノネナールを落とす成分が入った石鹸が加齢臭に効く石鹸です。

最近では、石鹸だけでなくボディーソープも登場しています。

加齢臭に効果があるボディーソープ

柿渋石鹸
柿渋エキス配合ボディーソープ
柿渋配合頭皮シャンプー

柿渋石鹸の加齢臭効果

体臭を抑える働きがある食品

クエン酸が含まれている食べ物
レモン
梅干し
柑橘系
クエン酸は、乳酸を発生させにくくする働きがあります。
なぜ乳酸を抑えると体臭が緩和するのでしょうか。
それは乳酸はタンパク質からできたアンモニアと結合して臭い物質のもとになるからです。

食物繊維が多いもの
キノコ類、海藻類、根菜、野菜は食物繊維がたくさん入っていて、腸内環境を整えてくれます。便秘解消の効果もあるので積極的にとりたいものです。

ビタミンCが入っているもの
ビタミンCは抗酸化作用があり、食品に酸化防止剤として添加されているほどです。
汗や皮脂は酸化でくさくなりますから、ビタミンCが多い野菜を取ることで、体臭や加齢臭を抑えられます。

ただ、茹でたり煮たりするとビタミンCば抜けてしまうので、確実に取るならビタミンCサプリで摂取すべきです。

強い臭いのものを食べてしまったら
つきあいの外食で脂っこいものやニンニク料理などを食べないといけないことも多々あります。

食べてしまったあとの緩和策としては、
・即効性のある口臭タブレット、ガムで臭いを隠す(マスキング)
・水やお茶で流す
おすすめは
ウーロン茶-タンニンという成分が含まれている
緑茶-カテキンが含まれている

その他ポリフェノールが含まれている食品も効果的です。
特にニンニクのにおいはポリフェノールで良く抑えられます