そしてメラニンはガラスを通り抜けて家の中にも浸透してきますので、両親が必要です。
meranin1

まず陰部の黒ずみクリームを使う方法としては汗をかく7月88月はウォータープルーフのものを使うということがあります。

汗をかくことで海水に浸かる方が日焼け止め効果が落ちそうですが、実際には油が混ざっている汗の方がメラニンクリームは落ちてしまいます。

日傘というのはUVカット加工がしてあるものと元々の色でメラニンをカットするという2つの分類ができると思いますが、中にアルミの加工がしてあるものが最強に効果が強いです。

そして分厚く厚手になっているものや二重になっているものの方が効果が高くなります。

陰部の黒ずみをピンクにする

色は白い方と黒い方で黒い方が効果が高いですので、特に好みがない場合は色が濃い方を選んで下さい。

そして生理前はもっと大切なことがあります。

それはホルモンバランスが乱れているということです。

黄体ホルモンがたくさん分泌されるとメラニン感受性が高まります。

そうすると日焼けをしやすくなります
生理前で黄体ホルモンが増えているという以外でも妊娠中にピルを内服している間は黄体ホルモンの量が多くなりますので、普段より日焼けをしやすいと思っていてください。

そして日焼けをしやすいということはシミの原因も作りやすいということですので、注意が必要です。

そしてうっかり日焼けをしやすい食べ物食べないということもあげられます。

食べ物で陰部は黒くなる

例えばレモンなどの柑橘類はソラレンという成分が含まれています。

ソラレンはレモンやセロリそしてパセリや柑橘系にたくさん含まれているのですが、それはメラニンに過敏に反応するようになってしまいますので、朝起きた時に食べたりするとメラニンに弱くなってしまいます。

メラニンはいつから多くなるでしょうか。

実は4月から急に増えてきます。

そして5月から8月は非常に多くメラニンBは7月と8月に対応に降り注いでいます。

この時期は夏の夏休みはゴールデンウィーク、旅行シーズンそしてバーベキューをしたりアウトドアで色々なイベントがあったり、体育会があったりなどメラニンに当たる確率は非常に高くなります。

そして洋服も長袖を着ていますが、一気に半袖になってノースリーブになるなど肌を露出する機会も増加します。

メラニンは老化のもとになります。

それそのためしっかりと対策を行っていきましょう。

黒ずみ対策10箇条

img161123_6

このページでは10個の方法を紹介していますので、参考にしてください。

まず陰部の黒ずみクリームを正しく塗布するということが挙げられます。

  • どんなポイントが外出する前にしっかりと守ることや
  • 日焼け止めが落ちてきたら塗り直すこと
  • 汗をかいたらゴシゴシこすらずに手ぬぐいで脱ぐこと
  • 塗りムラを作らないことなどいろいろあります。

海外旅行やゴルフに行く時などはもっとメラニン対策を十分にしておかないといけませんので、注意が必要です。

そして2つ目には美白化粧品で肌の手入れをきちんとするということがあります。

4月から9月はメラニンが多くなっていますので、いつもの美白商品ではなく日焼けに専用の美白効果がある化粧品を選んだ方がいいです。

特に使った方がいいのは外でレジャーがあるときはシートマスクなどを使って22ケアを教えることです。

配合されている成分でおすすめなのは、パウダー状の美容液やビタミンC誘導体が含まれているものやビタミンEが含まれているものなど、抗酸化力が強くて早く効果が期待できる化粧品がおすすめです。

そして黒ずみケアが大切です。

黒ずみケアというのは関係なさそうな感じがしますが、皮膚の水分量が減っていくとだんだんと肌のバリア機能が落ちます。

そうするとメラニンのダメージも強くなっていきます。

夏は皮膚が常に汗で湿っているのでうるおいなんか必要じゃないのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際に皮膚が濡れていることと内側がしっかりと黒ずみケアされていることは違うことですので、夏でも対策は必要です。

おすすめなのはシアバターなどが入っている美白黒ずみケアクリームです。

これらには黒ずみケア力が高く乾燥などのダメージをケアをして、抗酸化力で肌をケアしてくれますので、メラニンを浴びる前にも浴びた後にも必要なものです。

陰部の黒ずみを解消する場合はこのホームページをご覧になるとよいでしょう。
ホームページアドレス:陰部の黒ずみ解消