一人暮らし始めたら陰部の臭いが悪化した

陰部の臭い

体臭と食生活に密接な関係があります。
まず全ての食べ物が体の中で消化されて体の血肉となります。
ですので食べ物として取ったものが体臭に影響するのはごく当たり前のことです。
臭いの原因はタンパク質ではなく脂肪の方が重要です。

というのは臭いの原因がするのは皮脂腺・アポクリン腺などの前からの分泌物だからです。

体臭と脂肪の関係

脂質から作られる脂肪酸やアルデヒドが臭いの原因になります。
それなら食べ物で油をとらなければいいのでしょうか。

しかし脂肪は体にとって大切な成分で必須脂肪酸というものもあるくらいです。
ですのでどんな脂質をとるかつまり臭いに影響しない脂質をとることが大切です。

陰部 臭い

食べて良い脂質食べて悪い脂質

動物性の油バターやラード、植物性ではない動物の脂肪酸にはアポクリン腺の活動を活発にさせる働きがあります。
欧米人の臭いが強いのは肉を食べ過ぎるのも相当な理由です。

植物性オイルにも注意

植物性オイルにも注意が必要です。
リノール酸という脂肪酸の含まれているサラダオイルなどは中性脂肪などを増やして過酸化物質を作り出すので控えめにしたほうがいいです。

脂肪取るべき脂肪

取るべきはオレイン酸が含まれているオリーブオイルです。
オレイン酸は過酸化脂質を作りにくいものなので体臭の対策としては良い油です。

理想はごま油しそオイル

アルファリノレン酸が含まれている脂質が一番良い脂質です。
アルファリノレン酸は酸化しやすいですが、体の中EPAやDHAに変換されます。
こうすることで臭う汗が出なくなり陰部の臭いの対策に貢献します。

酢と一緒に油を取ること

大切なことがあります。それはあぶらと酢をセットでとることです。
酢は体臭を消す作用があり陰部の臭いを消すにはなくてはならない食物です。
ですので油は酸化しやすいので油を食べると必ずすと一緒に食べるようにします。

iラインの黒ずみ