カテキンが取れる緑茶の正体は?

緑茶は茶葉の葉っぱを発酵させないで焙炉の上で揉みながら乾燥させて作るお茶です。

緑色をしているのは、発酵していないので葉緑素があまり壊れていないためです。

玉露、煎茶、番茶など品質や味に違いがあります。

カテキンの加齢臭抗酸化効果

緑茶はグリーンティーともいわれ、カテキン、テアニン、ビタミンC、カフェイン、が含まれています。

緑茶は口に含むと少し渋みがあります。
これがカテキンの正体
なんと乾燥している緑茶の重さの1割から2割がカテキンでてきています。

このカテキンはポリフェノールのひとつ
抗酸化作用があって様々な作用に注目が集まっています。

  • 消臭する作用
  • 殺菌作用
  • 体脂肪を減らす作用

よく緑茶の飲む地域では胃がんの発症率が少ないという統計もあり、カテキンはガンの予防効果が期待され各国で研究が進められています。

カテキンの体臭改善効果

カテキンの効果は「抗酸化」にあります。

抗酸化とはなんなのでしょうか

体内では活性酸素という体に害を与える成分が作られています。
活性酸素は酸化作用で遺伝子を傷つけたり、タンパク質を変化させたりします。

そして体臭の原因になるノネナールは活性酸素が活発だとたくさん作られてしまいます。
カテキンには抗酸化作用があるので、この活性酸素の働きを終えさえ、体臭や口臭から私たちを守ってくれるのです。

その他にカテキンは、

  • 抗酸化作用で加齢臭を防いだり、
  • 口に含むことで口臭予防する作用、
  • 胃潰瘍の原因菌「ピロリ菌」を殺菌してくれる

という効果があることもわかってきています。

どのくらい必要

カテキンの効果を実感するにはどのくらいの量を飲まないといけないのでしょうか?

実は、この効果なんと500mgのカテキン、緑茶の量に直すと10杯も飲まないといけません。

・・・・とても10杯飲んだらカフェインを取り過ぎてしまいますし、第一にそんなにたくさん飲めません。
カフェインは利尿作用があるのでトイレに何度も行くことになってしまいます。

そこで活用できるのが、カテキンだけを抽出したサプリメント

カテキンだけ抽出しているので、カフェインを取り過ぎる心配がなく1粒~3粒程度で必要量が取れます。

ビタミンCやビタミンEも同じ抗酸化作用をもっています。
ですのでサプリメントを選ぶときは、できるだけビタミンEやビタミンCも配合されているものを選んでください。