そこでここからは市販の薬で黒ずみをよくできるといわれているものを紹介したいと思います。

まず良いといわれているのがオロナインです。

オロナインは消毒効果を持っていてニキビ肌荒れを防止してくれます。

黒ずみの原因にはニキビがありました。

ですのでオロナインでニキビを治す歯黒ずみの原因を1つ消すことができます乾燥対策になる成分も含まれていますので、お風呂上がりなどに毎日塗っておくと乾燥を防ぎてよいでしょう。

アットノンアットノンという薬もデリケートゾーンの黒ずみに効果的です。

デリケートゾーンの腋臭

アットノンにはひばりん類似物というヒルドイドローションと同じ成分が配合されておりこれが肌のターンオーバーを正常にするということで傷跡を目立たなくさせるという効果があります。

傷跡を目立たなくさせる効果というのはメラニン色素の沈着を良くするという効果ですので、すのでヘパリン類似物には肌の新陳代謝を活発にし肌の再生を良くするという効果がありその為古い肌が剥がれ落ちて新しい肌が生まれてデリケートゾーンの黒ずみが良くなっていきます。

重曹もデリケートゾーンの黒ずみを良くするのに良いといわれています。

デリケートゾーンの黒ずみは重曹で取ることができます。

重曹というのは薬ではなくてピーリング剤のですが、ピーリングというのはピーリング剤で表面の皮膚のところを少し削り取って綺麗にするというものです。

重曹は料理や掃除などで様々に使われていていろんな分野で活躍していますが、デリケートゾーンの黒ずみにも効果があります。

デリケートゾーンの汗蒸れ

デリケートゾーンのケアに使う重曹は良いものでないといけません。

ilst20

掃除用のではなく料理用のものを選ぶようにしましょう。

重曹の使い方についてですが、重曹大さじ1杯お水小さじ一杯と混ぜ合わせてペースト状になったものを定形と憎悪になります。

そして優しくこそいうことでピーリング効果が発揮できます。

ピーリングというのは本来皮膚科で行われているものですが、自宅でもできる方法です。

皮膚科で行われているのはピーリング剤を使ったピーリングで塗った後20分から15分間放置して洗い流す必要があります。

黒ずみの元になっている古い角質やかっかした皮膚が落ちることで黒ずみが改善されていきます。

しかしあまりこすりすぎるとターンオーバーは異常に早くなり乾燥することになりますので、最低でも1週間空けて行なった方が良いでしょう。

通販で購入できるデリケートゾーンの黒ずみ改善クリームパズあげられるのがピーチローズという商品です。

ビーチローズはもともと1万円をするのですが、定期購入することで5195園にすることができます。

定期コースの場合は送料も無料になり600円の送料がタダになります。

内容量は60グラムで一般的な提携土蔵の黒ずみクリームの2倍入っています。